トップページ > 看護部長の役割・仕事内容とは?

看護部長の役割・仕事内容とは?

看護部長とは、看護部全体をまとめる現場のトップリーダーです。一般企業で例えて言えば、部長のような立場に当たる人材といえるでしょう。看護部長の具体的な業務内容としては、病院の規模や看護部の人数にによってさまざまであり、それぞれに異なりますが、看護部の責任者という立場からして、看護部の目標や方針などを看護部長として期間的に打ち出し計画を立てるという業務が大事な仕事として任されることになるでしょう。

さらには、看護部組織の見直しを立て、病院全体のさまざまな問題改善に反映をさせていくという仕事も任されます。そして、看護部の目標を、その年や年度ごとに具体化していき、部下の看護師の教育をすること。看護部の人事管理および業務管理を行うこと。医療事故の防止について、責任と権限を持たなければならないということ。病院内での他部署との伝達業務や調整業務なども当然に任されることになるでしょう。

病院組織においてのさまざまな問題を、現状の調査をしっかりと行い、それをデータ化しながら分析をすること。そしてそのデータというものを元にして、改善するようにしていくことが看護部長の職務と言えるでしょう。また、看護部長は、人事管理も任されますので、看護部スタッフの求人の応募、面接、採用業務というものも行なっていかなければなりません。

また患者に質の高い医療や技術というものを、提供できる優秀な看護師を募集するということも看護部長の大切な業務であり、また、若手の新米看護師が早期に離職しないように、早く現場に定着させて行くという仕事も、看護部長の重要な職務だと言えるでしょうね。こういったことを実現していくために、看護部長として、部下である看護師たちに模範的な職務を遂行し、管理者として時にスタッフの相談を受け、フォローであったり、アドバイスをする。時には叱咤激励をしながら信頼を得る。こういったことも看護部長として、必要な業務の一環といえるのです。

そして何よりも、医療技術の進歩に伴う技術革新や、それに絡んでくる複雑なヘルスケアの規制に対処していくという必要がありますよ。日々進化していくヘルスケア提供システムの知識を習得する。つまりは最前線の看護知識の習得は、いつでも情報収集をしていかなければならないということが言えるわけです。こういった模範を示し、看護部の方向性を的確に決めて実行していくことができなければ、看護部長としての資格は与えられないことになるでしょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<