トップページ > 看護部長の転職成功のコツは?

看護部長の転職成功のコツは?

看護師長の年齢は、平均的に45歳程度であり、もっとも多い世代が40代から50代というのが一般的とされています。しかしながら、現在の医療業界では、その病院や医療施設などによっては、20代後半から30歳前後で、看護部長の職についているという方もいらっしゃいます。

年齢的に役職というものを語ってしまうと、20代から30代という年齢であれば、看護主任というポジションを任されているケースが非常に大倉みられますね。ただし勤続年数や経験だけで管理職になれるとは、限らない業界傾向にあるのが事実です。

看護部長の役割と言えば、看護業務の手本となるだけでなく、後輩や新人看護師の教育であり、指導をすること。そこに働くそれぞれの看護師個人の特徴というものを活かしながら、円滑にチームを組み、チームワークを確立していくという組織管理者としてのリーダーシップ性は当然に求められることになります。そして部を運営していくというマーネージメント能力や、経営能力の視点から、一つの組織としての目標をクリアしていくなどのさまざまな任務を任せられることになるのです。看護業務的な部分は当然のこととして、その他にも、人柄的にも、後輩看護師からのお手本とされるような管理職であることが理想とされています。

採用後、病院の即戦力となることが、確実に期待される看護部長という職に求められる条件は、やはり看護業務の経験でもあり、もうひとつは人生経験という点も求められるでしょう。ですから、スキルや知識やマネージメント能力は当然のこととして、勤続経験や年齢までもが考慮されることになります。経験年数が足りないとか、ある程度の年齢に達していないということであれば、転職への意欲が薄れてしまうという看護師さんもいらっしゃることでしょう。ですからこのようなことにならないためにも、看護部長を求めている転職先が、どういった人材を求めているのを、しっかりと情報収集しておく必要があるわけです。

ですから、看護部長職の転職活動成功の鍵としては、たった一人で個人的な転職活動は行わないということです。看護師専門の転職支援サイトを上手に利用して、情報収集を徹底的に行いましょう。年齢や勤続年数にはこだわらず、マネージメント能力や看護師としての質の高さ。また性格的な部分で明るければ、そういったことは関係なく看護部長としてのポストを用意してくれるという病院も確実に存在しているはずですからね。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<