トップページ > 看護部長に必要な資格は?

看護部長に必要な資格は?

看護部長という職に就くためには、認定看護管理者という資格を取得することが大事です。看護部長として医療機関の求人に応募をするとしても、看護のプロであることが示すことのできる資格でもあります。認定看護管理者という資格を取得しておくことで、看護部を全体的に管理することのできる知識を持っていると認められます。よって、看護部長として働きたいのであれば、認定看護管理者の資格を持つことがとても効果的なのです。

看護部長になるということは、臨床での経験も多く積んでいて、高い技術があり人間性も良好であることが求められます。ただ、実際にどうなのかという点は判断し辛い面もあります。そういったときにも認定看護管理者として認められていれば、看護部長になれる人物であるとすぐに判断もできるでしょう。看護師達から信頼されることや看護師を管理する能力があることで、看護部長として働くことができるのです。看護部長として雇用されてから判断されるのではなく、その前に病院側が判断するためにも、認定看護管理者の資格を取っておく必要があると言えます。

認定看護管理者になるためには、まず実務経験が5年以上あることが前提です。そして、認定看護管理者教育課程サードレベル(ファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルがある教育課程)を修了していることや、看護系の大学院で看護管理を学んでおり、修士号を取得していて修士課程が修了してから3年以上の実務経験があることも要件の1つです。また、師長以上の職位を3年以上経験していて、看護系の大学院で看護管理を学び修士課程を修了している事、師長以上の職位において管理を3年以上行っていて、大学院で管理に関する学問の領域の修士号を所得している事なども要件に入ります。この4つ中の1つが当てはまることで、認定看護管理者となることができます。どれか1つを選ぶことが可能だということです。

要件を満たし、合格した後は認定手続きを行います。それから認定審査も受けて5年ごとに更新をしていくことになります。無事厳しい教育課程などを経て認定看護管理者を取得し、看護部長になったとしたら、常勤看護師や新人看護師が離職する確率を低下させることや、看護職員の採用や配置を立案して実施すること、ワークライフバランス(仕事と私生活を調和させること)を推進させることなどが求められます。また、労働時間の管理や医療安全対策なども看護部長になった場合には大事な責務です。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<