トップページ > 看護部長で採用が多い時期・勤務先は?

看護部長で採用が多い時期・勤務先は?

看護師に関わらずですが、求人において時期というものを把握しておくことは、とても重要なことです。特に看護部長などの管理職であり、なかなか市場で見ることができない求人においては、常に今の勤務先と比較して、求人情報をリストアップしておくという作業をすること。こういったことをしていれば、いざ転職をしたいと思った時にも、慌てずに済みますよね。

おすすめとしては、複数の看護師転職支援サイトを平行して利用する方法がベターだと言えるでしょうね。求人数が増える事によって、ご自身の考える転職にも、その幅と可能性というものが生まれてくることになるでしょう。あなたにとって、より有益な求人が他のサイトに掲載されているといった場合も十分にありえます。複数の看護師転職支援サイトを平行して利用することによって、自分の希望にぴったりの求人に巡り会える可能性は、かなり高くなりますよ。

こういった看護師転職支援サイトを利用しながらも、気をつけておきたいポイントとしては、いくつかあるとは思います。しかしそれはやはり、退職する看護師が多い時期やタイミング。つまりは年度替わりなどの気切りのよい時期を狙ったりすれば、当然に看護師の求人が多く出る時期がありますので、その時期は見逃さないようにしましょう。特に2月・3月は4月の年度初めは、情報のチェックは見逃さないようにしたいところですね。

実際のデータから見ても、この時期の求人は一番の求人のようです。冬のボーナスをもらって退職する看護師さんの多いとされる12月の前の10月や11月は、1年を通じて、二番目に求人が多い時期だと言えるでしょう。夏のボーナス前後である6月や7月もそれに続いて三番目の求人数が望めます。またこの時期は4月入職の看護師が、退職する可能性のある時期ですから、退職者が多い場合には、現職の看護部長が責任を取らされてしまう場合もありますからね。またこの時期に結婚式を挙げる女性も世間的には多いために、寿退社をする役職の人間もいるかもしれません。

このようなデータを収集し、しっかりと時期を見計らい、複数の看護師転職支援サイトを効率よく利用する事で、同じ役職クラスの求人案件を狙っている他の看護師たちに差をつけることができるでしょう。一般的には、外部からの人間をいきなり看護部長として迎える病院機関は、少ないと言えるでしょう。人の入れ替わりが当然であり、年功序列なんてものを、完全に捨て去っている病院機関であれば、それも考えられますが、一般的には看護部長候補としての採用が多いということも覚えておきましょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<