トップページ > 看護部長の年収・給料の相場は?

看護部長の年収・給料の相場は?

看護部長などの実際の給料の相場は、どのくらいなのか?管理職クラスともなれば、一般の看護師職と比べても、かかる責任や、仕事量が違ってきますから、当然にそれなりの高収入は期待できるものなのです。

看護部長の給与査定は、経験年数もさることながら、働く病院が国公立病院であるのか、それとも大学病院なのか、はたまた民間病院なのかでも異なってきますし、それぞれの病院の規模によっても、違いというものが出てきます。

たとえば一般的には、看護部長の給与は、年齢が45歳平均で、月収で45万円。手当であったり、ボーナスなんてものも含めて見た場合には、700万円〜750万円ということが言われています。これはあくまでも一般的な相場ですが、当然に前述にあるような、国立か大学か、民間かなどや、病院の規模の大小によっては、年収で1000万円を超えるという病院も存在しているのです。しかしながら、700万円でも、一般の事務職の平均年収が280万円から300万円前後と言われていますから、実に2倍以上の年収を得ていることになります。

当然に命を扱う仕事であり、仕事の量も時間の自由も考慮すれば、倍程度では納得がいかないという意見もあるでしょう。そして看護部長の場合には、さまざまな責任やスキルや知識が必要であり、多くの仕事を任されていることになりますからね。しかしながら実際の年収が2倍なのですから、その点は忘れてはならないものです。

それぞれの病院の種類による違いですが、一般的に言われているのが、公立病院の看護部長で年収850万円。国立の病院の看護部長で950万円。民間の大学病院の看護部長で750万円〜800万円。民間の総合病院の看護部長で650万円〜700万円。看護部長の役職がない病院では、看護師長が総責任者となります。しかし病院によっては、看護師長でも看護部長と同じくらいの年収の人間も存在します。基本的には、看護部長は看護部が設けられている病院の部長職なので、看護師の中でもいちばんの高額年収となるのが一般的とされています。

年収には役職手当や夜勤手当、そしてボーナス等なども含まれているので、毎年同じ金額をもらえるわけではありません。しかし一般企業の男性会社員よりも多いことは間違いないといえるでしょう。そのために結婚をした妻の側が看護部長。旦那の側が一般企業の会社員の家庭では、当然奥様の方が年収が高いことになります。率直に言えば、妻の年収だけで家族を養うくらいの充分すぎる収入は得られるのですよ。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<