トップページ > 看護部長の年齢平均は?

看護部長の年齢平均は?

看護部長の平均年齢は55歳ほどとなっています。病院の多くでは、50歳から55歳付近の方が看護部長になっていることが多いのです。看護部長ともなると、病院長や副院長と折衝をすることもありますし、看護部の業務計画を作成するなど長い経験が問われる役職でもあることから、ある程度の年齢を重ねた方が就いているのだと考えられるでしょう。

看護部長は、40代のうちから目指すことができます。40代でいずれ看護部長になろうと考えていれば、その目標に向けて計画性を持ってまい進していくこともできるのです。また、50代頃に看護部長になるとしたら、40代のうちに主任や看護師長を経験していることも大きなポイントになります。40代で主任などの役職に就いていることで、看護部長になりやすいと言えます。

ただ、規模の小さい病院では看護師の数自体が限られてくるために、看護部長にまでなることは難しい可能性もあります。自身よりも上の立場である看護師が様々にいることで、思うように看護部長の地位に就くことができないこともありますし、順調に昇進を果たしていき看護部長に上り詰めることができることもあるでしょう。看護部長になれるかどうかは、運にもかかってくることもありますが、勤務先の病院で昇進が望めないようであれば、転職することも選択肢の1つです。

経験や知識、人柄などを見た上で、看護部長として採用をしてもらうことのできる機会に巡り合うこともできるかもしれません。信頼性があり、目標を高く持っているならば、転職をしたとしても、看護部長の座に就くことは不可能ではないのです。

それでも、ずっと働いてきた病院を移り新たにスタートをさせることは、看護師にとっても辛い面があるでしょう。長い間働いてきた職場で働き続けて看護部長にまで上り詰めたいと言う方も多いと考えられます。現在の職場で看護部長になりたいのなら、自身で上司にその旨を相談することも一案です。看護部長にまでなりたいのだという熱い気持ちを理解してもらえたなら、今の職場で昇進できる確率も高くなると言えます。きちんと判断をして今の職場にずっといることにするか、新たな職場で看護部長の道を選ぶかを決めることが大事です。そういったことから、40代のうちから模索をしていくようにすることも手段なのです。50代半ば辺りまでに看護部長になりたいのであれば、40代から計画性を持って行動をしていくようにしましょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<