トップページ > 看護部長に必要な学歴は?

看護部長に必要な学歴は?

看護部長にまでなるには、どういった学歴が必要なのかと言う点も気になるところです。看護師長以上を目指すとするなら、大学や大学院を卒業して博士号や修士号を取得するほどであることが望ましいと言えます。現在では、大学を卒業する、大学院を卒業するといった学歴が、看護部長などを目指すためには必要になっているということです。

今後は、看護部長になるために博士号の取得が必要になってくることも考えられます。看護の現場で仕事をされている方は、上昇志向を持っている方が少なくありません。そういったこともあり、修士号以上を取得するようでなければ、看護部長になれないということにもなる可能性もあるでしょう。

また、看護師になるだけなら、専門校で学ぶことでもなれる可能性があります。ただ、看護師長や看護部長などになるとしたら、後輩の看護師達を束ねていく存在になる必要がある事に加え、病棟を管理する責任者として、病院の運営方針に反映させることなど経営的な面でも力を発揮しなければいけなくなります。なので、看護技術のみが優秀であっても看護部長にはなることができないと言えます。

看護には学歴は関係ないと考える方もいらっしゃるかもしれません。以前は看護の技術や患者の方を第一に考えることなどが大切だったでしょう。それでも、現在では四年制の大学なども増えてきています。それに、病院内の管理をしている看護師は、認定看護管理者や専門看護師であることも多いという、大学病院の事例もあります。

ただ、民間病院では専門校卒業の方が看護部長になられている事例もあるので、その方の資質でも関わってくることも考えられます。臨床においては、やはりその方によることや、実力次第であるとも言えるのです。要するに、病院によって重視される事柄が違うということです。学歴を重視する病院もあれば、看護部長になるためには実力が問われるということもあります。その病院の院長が変わることで、病院の方針自体も変わることもあり得ます。看護部長は管理職になりますので、管理ができることが大事なポイントになります。ですので、看護ができるからといって、必ずしも管理職に向いているかと言えば、そういうわけでもないのです。人によって様々に考え方があるのが、看護師の学歴についてですが、大学や大学院を卒業して学歴を得ることも大事ですが、臨床での看護は経験などが大事になってくるということです。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<