トップページ > 看護部長になるデメリットは?

看護部長になるデメリットは?

看護部長は、看護部の代表として他の病院などと交渉をすることもありますし、看護師の採用などの権限も持ちます。さらに、計画を看護師長に指示をすることなどもあります。看護部のトップにいるという、責任が重い仕事であることがデメリットの1つとも考えられます。職場環境の改善や、看護師に教育を施し看護の質を高めるといった業務もあります。こういったことは看護師長に任せられることもあれば、看護部長が自ら行わなければいけない業務もあるでしょう。

もし病院の中で患者の方との間で問題(医療ミスや医療事故でも)が発生してしまった場合、看護部の代表と言う立場から、看護部長が患者の方に謝罪をしなければいけないケースもあります。看護部長は大きな権限を持っていますし、病院長も看護部長の意向を汲むような面もあるほどです。そういったことからも、多大な責任を負わなければいけない点は、デメリットとも言えるのではないでしょうか。

看護部長の仕事は、それぞれの病棟の看護師長と連絡を取っていきながら、院内の看護師の業務に関する事柄についても連携をして、看護師の教育や人事管理や業務管理を行っていきます。そういった場合には、どこか特定の部署のみが有利になるように対応することなどはもちろんできません。公平性が大事なのです。そうでなければ問題となってしまうと言う点が、デメリットと言いますか気を付けなければいけない事柄です。

また、看護師の仕事は患者の方にサービスをするという側面もあるため、そういったところも強化することも忘れられません。患者の方やご家族がどういった事を欲しているのかということを、正確に判断し対処していく必要があるのです。看護技術のみではなく、看護部長にまでなるなら、人間性も大事になってくる点も、覚えておかなければいけません。

質の高い看護ができるように教育することも、看護部長にとって大事な業務です。それに加え、働きやすくやりがいの持てる職場環境にしていかなくてはいけないことも重要ポイントです。大きな病院では看護師の数も多くなりますが、叱り方にも注意しましょう。人が見ている前で叱り付けることは看護部長といえども、してはいけないのです。部下の看護師達の手本になるために、自らが普段から学びその姿勢を看護師達に見せることが、看護部長になるなら大事なことと言えます。いつでも、後輩の看護師達のお手本にならなければいけないという点が、デメリットと言えるでしょうか。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<