トップページ > 看護部長の男性の割合は?

看護部長の男性の割合は?

男性で看護師をされている方もいらっしゃいます。男性であれば昇進をしたいという気持ちは高い方が多いでしょうし、看護師として昇進するならば看護師長、そして看護部長にまでなりたいと考えていらっしゃる方も少なくないかもしれません。でも、男性で看護部長になられている方の割合はどの程度なのでしょうか。

男性の看護部長の割合は、多くはないとも考えられます。ただ看護師の業界も、以前よりは女性の社会という風潮も改善しつつあります。中核の病院にも、男性の看護師長は様々いらっしゃいますし、主任をされている方もいらっしゃるのです。そういった方たちも、いずれ昇進して看護部長になっていくことも考えられるのです。とは言え、近頃では男性でも看護師になられる方は増加しているものの、看護部長まで上り詰めるということは簡単ではないと言えるでしょう。

男性看護師が昇進していくためには、特に人間性に優れていることや職場での業績、資格などといったものが秀でていることもポイントになります。看護師として、専門性を身に着けることも看護師長や看護部長にまで昇進していく道となるのです。男性看護師は年々増加傾向にありますが、それでもまだ看護師の業界の中で見てみると少数派となってしまいます。よって、男性看護師は将来看護師としてどうなっていきたいかという目標のようなものが見え辛いという点があります。それは、自身の周りに先輩や上司として先に男性看護師があまりいないということから、自身が今後どういった将来設計をすればよいかというプランも立てにくいことも挙げられます。それでも中には、看護師として働いていた男性が仕事の面白味を見出して、管理職に興味を抱くというケースもあります。

病院やクリニックの中には男性看護師の管理職がいないケースもあります。しかし、とある大学医学部の附属病院の、看護部門のトップである看護部長は男性ですし、1つの病院に何人も男性の看護師の管理職がいるという職場もあるのです。精神科であれば男性の看護師の割合も多く、管理職も男性である病院もありますので、精神科であれば、特に男性も看護部長になりやすいのではないでしょうか。まだまだ女性の職場といった雰囲気のある看護の世界で男性が働き、看護部長にまでなるのならば、上手に馴染むことができることが大きなポイントになるでしょう。高いコミュニケーション能力を持ち、人望があること、指導力があることなどといったポイントを持ち合わせることで、男性看護師として大成し看護部長への道が開けるのではないでしょうか。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら


>>看護部長に人気の求人サイトの1位はマイナビ看護師!では2位以下は・・・?<<