看護部長の待遇アップには転職がカギ

看護師としての転職を考えた場合、やはり気になるのは年収というところになるでしょう。年収がひとつのその人間の評価の指針といっても過言ではないですからね。どうせならば、同じ内容の仕事をしている場合には、年収が高い職場に惹かれるのは当然のことです。実際の求人を見てみると、年収600万円以上の求人は、探してみると意外と多く存在しているものです。しかし年収700万円となるとまたひとつハードルが上がり、非常に見つかりにくくなるというのが現状としてあります。また、見つかったとしても「誰でもできる仕事」ではないことが多いために、スキルやキャリアがなければ、採用されることは難しいと言えるでしょう。

この代表格が看護部長や、看護師長などの役職がつく看護師ということになります。深い知識と看護技術はもちろんクリアしていなければならないのですが、その他にも、その病院に存在する看護師たちを指導すること。そして職場に存在している看護師を管理し、医師であったり、コメディカルと連携をすること。それによって、さまざまに存在する病院業務を円滑に行えるために配慮するという仕事も大事な管理職の仕事になります。もちろん患者さんへの応対などや、優れたマネージメント能力と、コミュニケーション能力は絶対に必要とされているのです。

さて、自分にはスキルも経験もあり、こういった条件を満たしているといっても、なかなかに看護部長などの管理職に昇格させてくれることは少ないでしょう。いくら能力があったとしても、ひとつの医療機関で役職がつく看護師の数は限られています。例えば、1000人以上の規模で看護師が働く大病院と呼ばれる病院でも、看護師長などの役職の数は、病棟、手術室、ICU,外来などを合わせても20名程というところが相場と言えるでしょう。割合にしてみると、たったの2%です。今の仕事に満足しており、役職や報酬にあまり関心がないという人間ならば問題はないでしょう。しかし現状に満足せず、地位も待遇も上を目指したいのであれば、きちんと目標を立てて狙っていったほうがよいのかもしれません。

そのための有効な方法が、転職です。現在いる病院内で、あなたの年齢や、勤続年数は上の方でしょうか。医療関係は何気に年功序列や、体育会系の縦社会的な割合が強く、あなたのスキルや能力面が上でも、「順番」というものにこだわられる可能性が高いからです。

ですからこういった体質の病院ならば、無駄な時間を過ごすことになりかねませんので、看護部長職を募集している病院へと転職を考えた方が、やはり待遇アップの鍵になるのですよ。

看護部長の求人案件を多数持つ「マイナビ看護師」

看護師の求人なら、ハローワークやフリーや有料の求人雑誌。また一般の求人サイトなどで全国的に多く、簡単に見つけることは可能です。しかしながら、看護部長クラスの求人ともなると、その数が断然に少なくなるのが現実というものです。しかし、看護師長や看護部長クラスの管理職ともなると、求人を公開しないのが一般的な考えなのです。

またハローワークなどでは、求人公開数が限られているという特徴がありますからね。相談日に運よく看護師長の求人案件を紹介してくれるなんていう確率は、かなり少なく期待はできないようです。ただ、ハローワークを利用するのにもメリットがあります。それは情報紹介ですね。この点だけであれば、ハローワークの相談員がある程度の情報提供をしてくれることが期待出来るかもしれません。しかしながら、結局は公共の公務員ですから、医療系の知識は有している確率は、かなり低いということが挙げられるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、マイナビ看護師です。マイナビ看護師を代表とする、看護師専門の転職支援サービスサイトを利用すれば、看護師長や看護部長クラスの極少案件だとしても、それぞれに医療業界にパイプを持っていますから、沢山の求人が存在している確率が高いと言えるでしょう。

看護師経験が長い人間であったり、看護部長クラスになると、地域の看護師研修会などに参加したり、看護協会に登録されているなど、他の病院の医師や看護職員とある程度の交流を図る機会があるのが現実としてあるのです。ですからそのような人脈を持っている人間や、コネクションを作るのが上手な人間であれば、看護部長についての転職情報を得ることが出来るかも知れません。しかし個人的にはやはり難しい話ですよね。

だからこそこういった看護師専門の転職支援サービスサイトを使うのです。そうすれば、そこにいるキャリアコンサルタントが、さまざまな情報を提供してくれますし、あなたに今足りないスキルや能力なんてものを、きっちりと教えてくれることになるでしょう。特にマイナビ看護師であれば、キャリアコンサルタントが優秀なことで知られていますから、看護部長として転職するための、的確なアドバイスや、あなたにあった求人をしっかりと紹介してくれることでしょう。医療業界は、優秀な人材を必要としていて、年功序列や勤務年数重視の考えを排除している病院も増えてきている傾向がありますから、マイナビ看護師のような転職支援サービスサイトを利用しない手はないと言えるのです。

看護部長に人気の転職サイトはこの3つ!まずは無料登録!

マイナビ看護師

マイナビ看護師

看護部長に人気が高いのが今はマイナビ看護師です。企業の知名度が高いのでベテランナースの方に信頼があるせいか安定した人気です。看護部長の求人はそもそも求人数が少ないんですがマイナビ関しては他のサイトよりも数が多いのは事実です。

詳細はこちら

看護のお仕事

看護のお仕事

「看護のお仕事」はレバレジーズ株式会社というベンチャーが運営するサイトですが老舗のマイナビに追いつけ追い越せの勢いで成長しています。看護部長の求人だけ見ればかなり優位性が高いサイトと言っていいでしょう。

詳細はこちら

ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこはディップ株式会社が運営するサイトです。ディップといえばバイトルドットコム(テレビコマーシャルなどで有名)を運営する企業なので安心感が高いのでしょう。看護部長の転職例も多数保有する人気のサイトです。

詳細はこちら